English
お問い合せ よくあるご質問
HOME > ハイブリッド切換器
ハイブリッド切換器 わずかな断時間が負荷へ影響する設備に最適な無瞬断切換器

ハイブリッド切換器とは、機械的動作の切換器と
半導体スイッチ(IGBTなど)を組み合わせた装置です。
非連系システムにおいて、負荷側へ無瞬断にて切り換えを行います。
わずかな断時間が負荷へ影響するような設備やIT用電源などに適し、
1995年より通信・金融機関・工場などのIX設備・データ管理センターにて、
400台以上の導入実績があります。(2017年1月現在)
ご要望に応じて、カスタマイズもいたします。

製品一覧
ACTS スタティックスイッチに代わる次世代型無瞬断ハイブリッド切換装置!

安全・安心機能が充実し、既にデータセンター向けで導入されています。

ACTSは、機械式切換器と半導体スイッチのコラボレーションにより実現したハイブリッド切換装置です。環境にも配慮し、ハイブリッドスイッチ(ACTS)に置き換えることにより、電力損失が大幅に削減可能です。
  • 給電側電源が停電・瞬停した場合、5msec以下で予備側電源へ切り換え、 さらに停電(瞬停)側への回り込みも回避します。
  •  
  • AC100V系、200V系、400V系をラインナップ(停電時稼動時間は3タイプご用意しています)
  •  
  • IX設備、データーセンター、電算センター など
  •  
詳細はこちら
ACTS-XT

  安全に関するご注意

ページの先頭へ